世界中の人に愛されているブランドのヴィトンのデザインは細かく分類すると非常に豊富で見る者の目を釘づけにします。

ヴィトンというブランドは特別です

ヴィトンというブランドは特別です

デザイン豊富なブランドはヴィトン

自分的に、ブランドの中で持ちやすいもの、合わせやすいものはヴィトンです。最近では高校生でも持ち歩いている人をよく見かけます。プレゼントでもらったり、自分でバイトをして貯めたお金で買ったりしているんだと思います。

ヴィトンには、デザインがたくさんあります。一般的に有名なのはモノグラムと言われるヴィトンのロゴのようなものですが、その他にもヴェルニと呼ばれるエナメルのような質感のツルツルしたものや、エピと呼ばれるレザー調のもの、ダミエと呼ばれる正方形のこげ茶と茶色が順番に並んでいるチェックのようなデザインなどがあります。どちらかと言えばこのダミエがロゴロゴしくないので好きです。そして、ダミエの中でも、色によって呼び方が異なってきます。一般的に周知されているこげ茶と茶色のものがダミエと呼ばれていますが、ダミエはそのデザインの形態です。本来は、この色の組み合わせはエベヌと呼ばれます。そして、女性らしい白とグレーにも見える青の組み合わせがアズールと呼ばれ、男性らしい黒とグレーの組み合わせがグラフィットと呼ばれます。我が家にはエベヌとアズールがありますが、グラフィットがありません。個人的に黒系の色がすきなのでシックなグラフィットを自分用として持ってみたいとも思います。ただ、最近ではこのような固定のデザインを少しアレンジしておもしろいデザインになっているものも出てきています。このブランドのインターネットサイトを見てみると、こんなデザインが出ているのかと驚いたり、これ綺麗だなぁ、妻の誕生日プレゼントにいいかもしれない、と思える発見があります。

噂のハナシが気になりはじめた人へ