ヴィトンは名前だけでなく、その商品の圧倒的なクオリティと信頼に支えられたブランドであるといえる。

ヴィトンというブランドは特別です

ヴィトンというブランドは特別です

ヴィトン、不動のブランド

様々な人々を虜にするブランド物の商品の中でも、古くからその地位を確立し続けているブランドの一つに、ルイ・ヴィトンがあります。その歴史は長く、元々は19世紀半ばのスーツケース、トランクを造る会社でした。しかし今の『ブランド物』というイメージとはかけ離れている、軽くて頑丈な良い商品を作ることに力を注いだ会社で、その商品の質の良さを買われてヴィトンは大きく羽ばたくのです。ちなみにヴィトンのカバンの軽さは同等の商品とは段違いで、水に浮かべることができるトランクであるということを売りにしていました。

現代のヴィトンはカバン以外にも財布などの小物、洋服だけではなく、時計を含めたジュエリーなどの様々な商品を展開しています。しかしどれにもいえることは職人の手によるそのクオリティで、正に値段に見合った最高の商品だけを用意しているといえます。日本においてはブランド物というと名前だけを売りにしている軽薄な商品というイメージが跋扈していますが、少なくともヴィトンに関してはそれは当てはまらないといえます。確かに気軽に手に入る商品に比べれば高価ですが、その後長く使うものであればそれは決して高い買い物ではないのです。職人の手によって作られた一点物を大事に末永く愛用する、という精神は、何も日本人だけのものではありません。安物買いの銭失いという言葉も海外にあるのかはわかりませんが、少なくとも同じことを考える人は海外にもいるのでしょう。ヴィトンの名前の有名さと伝統は、その圧倒的な品質によって支えられているのです。